南米旅行でAirbnbを使いました

学生時代、南米に旅行に行ったことが有るのですが、ホテル代をなるべく浮かしたかった自分が目をつけたサービスといえば、Airbnbです。
Airbubを利用すると、現地の人の家を一定の期間借り入れて住まわせてもらうことができるので、シティホテルを確保して連泊する場合よりも、非常に安く滞在することが可能だと考えたのです。
最近はインターネットを利用するユーザーも多いですし、お小遣い稼ぎの観点や出会い目的などから、Airbnbを活用する人が世界中で増えてきています。
空き部屋を貸し出してお金を稼ぐ事ができたり、いろいろな外国人の人との交流を満喫することが可能であったり、我が国の魅力や良さなどを外国人相手にアピールして教えることが出来たりと、Airbnbはホスト側にとっても多大な魅力があります。
出張や旅行などで短期間家を開けている場合には、それを活かしてお小遣いを手に入れられたり、副業のような気持ちでAirbnbを始める人も結構いるものです。
Airbubを利用してよかったことといえば、非常に低コストで快適な居空間を手に入れられる点です。
格安のホテルだと設備が悪かったり、治安が良くない場所のホテルだったりすることはありがちなんですが、Airbnbなら個人の住宅なので設備も悪く無いですし、その上価格が非常に安いです。
ホテルだと無個性で均一的な雰囲気が立ち込めていることが多く、異国情調を味わいづらいことも多いです。
しかし、Airbnbであれば個人の家といった特性があるので、インテリアにも個性があったり、建物の雰囲気がその土地ならではの非常におしゃれなムードであることも多いです。
キッチンを利用できたり、洗濯機を無料で使うことが出来たりと、生活に困らず快適に滞在を満喫できる物件が多いといった点もAirbnbの醍醐味であると言えます。
シェアハウスでホストさんと同居を楽しむことも可能ですが、物件によっては家丸ごとを貸しきって別荘感覚を楽しめるものもよく有りますし、現地の方と同じ暮らしを味わってみたい人にとっても、Airbnbはおすすめです。

SNSでもご購読できます。