海外でバケーションレンタル

南米旅行でAirbnbを使いました

学生時代、南米に旅行に行ったことが有るのですが、ホテル代をなるべく浮かしたかった自分が目をつけたサービスといえば、Airbnbです。
Airbubを利用すると、現地の人の家を一定の期間借り入れて住まわせてもらうことができるので、シティホテルを確保して連泊する場合よりも、非常に安く滞在することが可能だと考えたのです。
最近はインターネットを利用するユーザーも多いですし、お小遣い稼ぎの観点や出会い目的などから、Airbnbを活用する人が世界中で増えてきています。
空き部屋を貸し出してお金を稼ぐ事ができたり、いろいろな外国人の人との交流を満喫することが可能であったり、我が国の魅力や良さなどを外国人相手にアピールして教えることが出来たりと、Airbnbはホスト側にとっても多大な魅力があります。
出張や旅行などで短期間家を開けている場合には、それを活かしてお小遣いを手に入れられたり、副業のような気持ちでAirbnbを始める人も結構いるものです。
Airbubを利用してよかったことといえば、非常に低コストで快適な居空間を手に入れられる点です。
格安のホテルだと設備が悪かったり、治安が良くない場所のホテルだったりすることはありがちなんですが、Airbnbなら個人の住宅なので設備も悪く無いですし、その上価格が非常に安いです。
ホテルだと無個性で均一的な雰囲気が立ち込めていることが多く、異国情調を味わいづらいことも多いです。
しかし、Airbnbであれば個人の家といった特性があるので、インテリアにも個性があったり、建物の雰囲気がその土地ならではの非常におしゃれなムードであることも多いです。
キッチンを利用できたり、洗濯機を無料で使うことが出来たりと、生活に困らず快適に滞在を満喫できる物件が多いといった点もAirbnbの醍醐味であると言えます。
シェアハウスでホストさんと同居を楽しむことも可能ですが、物件によっては家丸ごとを貸しきって別荘感覚を楽しめるものもよく有りますし、現地の方と同じ暮らしを味わってみたい人にとっても、Airbnbはおすすめです。

ロスアンゼルス旅行でAirbnbのご夫婦のおもてなしに感動

私は海外に1人で旅行に行くのが好きで、年に1回は長期休暇を取ってバックパッカーで旅行を楽しみます。

今回の旅行はアメリカのロスアンゼルスで3泊の弾丸旅行です。
バックパッカーの旅行で便利なのがAirbnbというサービス。
自宅の1室を宿泊客に貸し出しているサービスでホテルの半額以下で泊まれます。
ネットでホスト(提供者)とコンタクトをとって、今回も良いお部屋を予約できました。
キッチン付きの一室を貸してもらえるとのこと。
宿泊代もロスの平均的なホテルの半額程度でした。
到着予定と待ち合わせ場所を確認して予約完了です。

ロスアンゼルスの空港に着くと、ホストの人の指定した駅まで電車で移動しました。
顔写真は交換しているのですぐにホストの人を発見。
彼は30歳のRさん。
夫婦2人で住んでいるそうです。
挨拶をして自宅に行くと、奥さんがお出迎え。
改めて2人に自己紹介しました。
2人の家ですが部屋はいくつもあり、貸してもらった部屋とキッチンは宿泊者専用だそうです。

到着はもう夜だったので、奥さんが用意してくれた料理を3人でいただきました。
日本にも何回か旅行したことがあるそうで、日本のことをよく知っていました。
ところどころ間違った情報が伝わっていましたが、訂正すると笑っていました。
初日からフレンドリーに接してくれて、良い夜を過ごせました。

翌日からは1人で自由行動です。
ただ2日目は一般の1日バスツアーを予約して楽しみました。
Rさん夫婦にもロスの美味しいレストランを紹介してもらって、そこで食べたステーキはアメリカらしいビッグサイズ。
大満足でした。

3泊はあっという間にすぎ、最後の夜はまた料理を振る舞ってくれました。
本当に仲の良いご夫婦で、それを見ていた僕は2人に買い物で買ったペアのネックレスをプレゼントしました。
とても喜んでくれて、最後の夜は遅くまで2人と会話を楽しみました。

今回のバックパックの旅行はRさんご夫婦の温かいおもてなしでとても癒やされました。

フロリダ旅行でAirbnbの3人家族の家に宿泊

私は海外に1人で旅行に行くのが好きで、まとまった休みが取れるとバックパッカーで旅行に行きます。

宿泊先はAirbnbという自宅に宿泊させてくれるサービスを利用しています。
英語は日常会話レベルですが、事前に調べてホスト(提供者)の人に英語でメールで予定を知らせ、条件が合うかを確認します。
今回の旅行はアメリカのフロリダで4泊の予定です。
アメリカは以前サンフランシスコに行って、その時にAirbnbを利用しました。
ホストが返信してくれて、4泊で離れのキッチン付きの一屋を貸してもらえるとのこと。
宿泊代もフロリダの平均的なホテルの半額程度でした。
さっそく返事をして到着予定と待ち合わせ場所を返信して完了です。

フロリダの空港に着くと、まずホストの人の指定した駅まで1人で移動しました。
顔写真は交換していたので、スマホを見ながら探していると、すごく優しそうな50代のAさんご夫婦が2人で迎えてくれました。
挨拶をして自宅に行くと、改めて自己紹介。
すごくフレンドリーな対応をしてもらえて一気にリラックスできました。
離れの部屋はアメリカらしい1軒分の平屋はありそうな部屋です。
キッチンなども備え付けてあって長期ステイも可能な部屋でした。

4泊のうち、僕が別の場所で遅くなるとき以外はご夫婦と15歳の息子のOくんと一緒に食事をいただきました。
Oくんは日本のアニメも好きで、僕がわかるアニメを僕よりも詳しくしっていてびっくり。
日本の文化がこういう少年にまで浸透していることに感慨深くなりました。
やはり1人旅は多少不安なので、こういうご家族との食事はとても安心できる時間でした。

旅行はフロリダの観光スポットをいくつか周りましたが、他にAさんに「ここに行った方がいいよ」という地元の人が行くおすすめのBBQ屋さんを紹介してもらい行ってみました。
アメリカならではの豪快な肉料理で1kgは当たり前。
アメリカの美味しい肉を堪能して、なんとか完食も出来ました。

4泊はあっという間にすぎて、Aさん家族ともお別れです。
Oくんとの日本談義もこれで最後。
Oくんも別れを惜しんでくれて少しさみしい気分になりましたが、またフロリダに来た時の再会を誓って帰途に付きました。

今回のフロリダ旅行もAさん家族のおかげでとても良い旅行を楽しむことが出来ました。

Airbnbで海外体験

Airbnb(エアビーアンドビー)とはいろいろな場所で家を借りられるという素晴らしいサービスであり、いまとても流行っていると言っていいものとなっているのです。
世界各地に家を貸すことが可能になっており、主にニューヨークやロンドン、さらにはロサンゼルスなどにも存在しているのです。
チェックインなどもとても簡単になっているので、気軽に利用することができます。
Airbnb(エアビーアンドビー)を利用するときは海外での利用をすることによって、今までずっと日本に住んでいたという人も、簡単にAirbnb(エアビーアンドビー)で旅をするようにいろいろな土地に住むことができるというわけなのです。
利用の例としては、例えば週末に旅行に行くことによって、日ごろのつかれをいやしていったり、Airbnb(エアビーアンドビー)を利用してずっと行ってみたかった海外に行くことができたりするので、理想の週末を送ることができるでしょう。
そんなAirbnb(エアビーアンドビー)は約8年前に創立した会社であり、本社はカリフォルニア州のサンフランシスコに存在しており、今や世界で大注目の企業となっているわけです。
最近は株価も上がっているので、Airbnb(エアビーアンドビー)の株を買うという人もとても多くなっています。
世界中にある宿泊施設などをインターネットやタブレット端末で掲載しており、それを見つけることで簡単に予約することが出来るという仕組みなのです。
予約が世界中からできるので、旅行先でAirbnb(エアビーアンドビー)を使って、次の旅行先を見つけて、そのまま旅行を続行なんてことも可能というわけなのです。
例えばアパートで1週間くらして、その後にお城に1週間滞在して、さらには日本の地方に1週間滞在なんていうこともでき、まるで人間であることを忘れてしまうような優雅な暮らしを送ることも可能になっています。
世界でもはやAirbnb(エアビーアンドビー)が存在していないとこはないと言ってもいいでしょう。

新鮮な体験ができる宿泊施設を選ぶ

日本ではこじんまりした部屋でも住み心地が良い部屋がいくつもあります。長年住んでいると小さい部屋で大丈夫だと思うようになりますが、それが旅行の時には考え方が違ってくるのです。

旅行の際は気分も開放的になるので、より広い部屋を借りたくなるのです。実際に旅行先に到着して部屋に入ってみると、その部屋が広いとストレスが発散されるようなリラックスした感覚が得られるのです。

そうなってくると、旅行先で宿泊する施設は広い部屋が良いという事になってくるのですが、ホテルで広い部屋を借りると相当に高くなってしまいます。

そこで、安くするポイントがあるのです。Airbnbというサービスを利用することによって、旅行先で一般的に賃貸で利用されているような物件を、数日間だけ借りる事が可能になってきます。

その物件の所有者は、空き部屋を賃貸物件の登録をしているのではなく、旅行者向けにAirbnbに登録している物件となります。なので、旅行者はAirbnbのサイトにアクセスして、自分の旅行期間中に空いている部屋がどこであるのか確認する事ができます。

最近は登録している物件がかなり増えてきているので、多くの物件の中から自分が好みの部屋を探すことが可能になるのです。

大きなコンドミニアムから、コンサート会場のような大きい広間を借りることもできたり、ピアノ付きの高級な部屋や、山奥にあるペンションを借りたりすることも可能になっています。

なので、自分の旅行プランとどのような体験をしたいかを考えて、宿泊施設を選ぶことが可能になるのです。その時にポイントになるのは、観光施設を巡るときに遠くなりすぎると移動に時間がかかってしまうので、それなりの距離の中で自分の好みの空き部屋を探すのです。

そうなってくると、地域別に情報を絞り込んでいく必要があります。そして、宿泊費用などから可能な物件をチェックしていきますが、人口の多い国であればどのような地域でも、それなりの空き部屋を見つけることは可能なのです。