バルセロナの1人旅でAirbnbの広い部屋に泊まれました

私は1人旅が好きで、休みが取れるとバックパッカーで海外に行きます。
特にスペインが大好きで今回でもう5回目になります。
今回はスペインのバルセロナに行きました。

バックパッカーの宿泊でお得なのはAirbnbという宿泊のサービスです。
一般の人たちが自宅の1室を提供してくれて、宿泊代はホテルの半額以下という安さ。
事前にネットでホスト(提供者)の人とメールでやりとりをして宿泊予定や到着事項を確認し合います。
今回もバルセロナ市内の立地の良い場所の部屋を予約することが出来ました。

スペインに着くとホストの自宅に地図を頼って向かいます。
大通りに面していて、駅からすぐの所にありすんなりと到着しました。
ご夫婦で出迎えてもらい、軽く自己紹介。
旦那さんは40歳のBさん、奥さんも40歳のRさん。
そして娘さんが7歳のNちゃんです。
さっそく部屋に案内されると、15畳はあろうかという大きな部屋。
この部屋が1室余っていて貸し出しているそうです。

到着が夜だったので、ご家族3人が歓迎会を開いてくれました。
奥さんの実家のカタルーニャの伝統料理だという魚のオーブン焼きが絶品でした。
バルセロナではこの味を受け継ぐのが大切だそうで、日本との親近感を覚えました。
ご夫婦は日本人を何度も泊めたことがあるそうで、日本のことを良く知っています。
Nちゃんも日本のアニメやキャラクターが大好きなようで、日本人が泊まると、いろいろと僕も知っている女の子向けのキャラクターグッズを見せてくれます。
こういう所で日本の製品を見ると嬉しくなりました。

翌日からは1日観光ツアーや、いろんなお店の買い物を楽しんだり、美味しいお店を巡ったりしました。
Rさんがおすすめのスペイン料理のお店を紹介してくれてそのお店にも行きました。
パエリアが有名なお店で、日本とは全く違う美味しいパエリアを堪能できました。

今回の旅行もRさん家族のような温かい宿泊先で良い旅を楽しむことが出来ました。
またバルセロナに来たときにはRさん家族の部屋に泊まりたいですね。

SNSでもご購読できます。