今何かと話題にされているAirbnbというサービスですが、ども悪い面ばかりが目立っているような気がします。恐らくこのままではまずいと思った宿泊施設業界が悪いうわさを流しているのだと思いますが、Airbnbを宿泊を提供する側、また提供してもらう側としても利用した私からしたら、コレ以上に良いサービスなんて無いんです。

今まで、現地の人と深い交流を最も取れる方法といったら海外留学が一般的でした。ですが海外留学は手続きが面倒な上に制約が多く、また学歴など、参加するための条件も多々あり、とてもじゃありませんが旅行感覚でするようなものではありませんでした。私は常日頃これに対して疑問も感じており、海外留学と同じくらい密な海外体験をすることが出来るサービスが出ないものかと思っていたのです。私と同じことを思っていた人がたくさんいたのでしょう。Airbnbというサービスが生まれたわけです。海外旅行をする上での宿泊サービスとしてはコレ以上にいいものなどないくらいよいサービスなので、宿泊施設業界が焦るのも無理はありません。

しかし悪いうわさを流しているところがあるとはいえ、火の無いところに黒い煙が立たないように全く悪い面が無いとはいいきれないのです。後ろ盾が全くない状態で、海外の他人を泊めるわけですから、どんなトラブルが起きても当然というか、仕方が無いような気はしてきます。私が体験したトラブルとしては、私は当時泊めてもらう側だったのですが、ホストをしてくれた海外の若い夫婦が毎晩のように情事に耽るので、夜眠れなかったということがありました。その地方の土地柄なのか、あまり人が近くにいるということを気にしないようです。確かにこれも人によっては考えられないようなトラブルでしょうが、私としては海外旅行の良いスパイスとなりました。

トラブルをトラブルとするか、その国をより楽しむためのスパイすとするかは結局のところその人次第というわけです。